リーズナブルな料金になっている合宿免許とは?

一般的な教習所と違う合宿免許

日本では、20歳前後に普通自動車の運転免許を取るのが一般的ですが、住んでいるエリアにある教習所か、合宿免許と呼ばれる遠方から入校する人向けの教習所のいずれかを選べるので、2週間~3週間の連続した休暇が確保出来た場合は合宿免許を活用するのがおすすめです。

合宿免許は、近隣に住んでいる方は受け付けない事が普通であり、数百キロ離れたエリアから新幹線や特急などの公共交通機関を使って入所を行います。申し込みはネットか電話が多く、電話で合宿免許オペレーターと話をした後に入校日が確定し、支払いを終えてしまえば教習関係でお金を支払う必要はほぼありません(延長関連の料金は支払うケースがあります)。

合宿免許期間中の流れと合宿中にしておきたい事

入所日は、指定された時間に最寄りの駅まで着いておき、教習所の送迎車で教習所まで向かって入所式を行い、適性検査・卒業までの流れの説明などを受けます。第一段階の学科・技能・各検定が終わった後は、公道による第二段階の技能教習が行われますが、日頃使っている公道を走らないので、道に慣れるためには事前に地図アプリ等で走る可能性のある道路をチェックしておくと、安心して第二段階に臨めるでしょう。合宿期間中の過ごし方としては、卒業までは2週間程度の時間があるので、苦手な分野の運転技能を上げておく事と、各都道府県にある免許センターの最終学科試験の準備をしておく事もおすすめであり、対策を講じておけば高確率で一度の試験で合格する事が出来ます。

合宿免許では、二輪車・普通自動車・大型自動車等を学ぶ事が可能であり、普通自動車の場合は休まず通えば半月程度で終えられます。