BCP対策の内容と具体的手段について説明します。

BCP対策とは?説明します。

BCP対策とは地震などの大きな災害が発生して会社が大きな被害にあった場合を想定して、あらかじめ会社の事業の復興計画を立案しておくことです。日本はいつ何時大きな地震が発生するかわかりません。災害が発生しても被害が大きくならないように、あらかじめ準備しておくことが重要です。東北大震災をきっかけにBCP対策が大きくクローズアップされており、会社が取引をする条件としてBCP対策を実施することが重要な要求となっている場合があります。そのため、多くの会社がBCP対策を実施しています。これは、日本だけでなく世界中の流れとなりつつあります。今後もさらにBCP対策が進むと思われます。

BCP対策で実際に行わなければならないこと

BCP対策は、被害を最小限に抑える対策の実施と、災害にあった時にいち早く事業を復興させるための対策の二つに分かれます。まず、被害を最小限に抑えるための対策として、工場などの建物の耐震診断が必要です。ここで基準を満たしていなければ耐震補強工事を実施します。次に設備や棚の固定が必要となります。天井の強度の確認や補強も忘れてはいけません。いざという時のために建物の耐震強度はもっとも重要です。さらに、従業員の避難経路や避難場所の確保も必要です。いち早く事業を復興させるためには、復興までに必要なことをシュミレーションして計画を立案しておくことです。災害の場合、電気やガス、水道などが止まることも推定されますので、従業員のための非常食や水なども備蓄しておきましょう。又、災害時の燃料確保や発電機の準備も必要となります。

BCP対策とは、Business Continuity Planの略で、万が一災害などのリスクが発生した場合に備えて、戦略的に準備をしておく計画のことです。