インターネットを使って誰でも有名人になれる時代に!

有名人になるための垣根は低くなった

インターネットがない時代は、有名人になる方法は限られていました。例えばテレビやラジオに出演したり、仕事で成功したり等、ある程度の努力をして成果を上げた一部の人しかなれませんでした。というのも、情報発信の方法が限られてしまう上、受け手側も限られた手段でしか情報を得ることができなかったためです。主な手段としてはテレビ、雑誌、ラジオ、新聞などが挙げられるでしょう。受け手の年代によって普段から目を通す媒体は限られてしまいますし、そもそも地域によって閲覧可能な媒体が異なってくることもあるからです。しかし、インターネットが普及してからはというもの、スマートフォンやパソコンはほとんどの人が所有しており、誰でも気軽に閲覧することができるようになりました。情報を得る手段がより容易になったのです。

誰でも情報を発信できる

インターネットが普及し、誰でも気軽に等しく情報を得ることができるようになりましたが、変化はそれだけではありません。誰でも情報発信ができるようになったのです。方法としてはブログやSNS、動画共有サイトなど様々ですが、誰でも閲覧可能ということに変わりはなく、実際に発信されている内容も様々です。それぞれが得意な分野を活かして情報発信をすることによって、企業がスポンサーについたり、あるいは広告費を稼いだりと、仕事にすることすらできるようになりました。もちろん世の中のニーズに合致した場合に限りますが、インターネット上で名前が知られ、テレビや雑誌等のメディアに出演する人もいるほどです。情報発信が容易になったことによって、有名人になるためのハードルが低くなったといえるでしょう。

山本英俊氏の本業はパチンコ遊戯機メーカーの代表取締役ですが、映像会社や競走馬ファンド会社の役員を務めるなど、業界を横断してマルチの才能を発揮しています。